ニキビの基礎知識

ニキビの基礎知識 未分類
ニキビケア

男性も日々ニキビに悩まされている方は多い。顔のニキビさえなければ、背中のニキビさえなければ、モテたかもしれないのに!っと悩んだことはありませんか?

実は、この記事で紹介する『ニキビの原因』を知ることで、どんな体質の人でもニキビを事前に予防することができます。

なぜなら、ニキビは『日々のケア』が重要だからです。ニキビになる前に対策を打ちましょう。

この記事では、ニキビケアでポイントになる箇所を3つ紹介して、具体的な方法をご紹介します。

記事を読み終えると、今後ニキビのことで周りの目がきになることは一切なく、魅力的な肌を獲得することができます。

ニキビができる原因

ニキビは思ったより複雑な病気です。皮脂(毛穴から出るあぶら)、毛穴のつまり、ニキビ菌など原因は一つではなくいくつかの要因が重なってできます。ニキビをより早くきれいに治すためにも、正しい知識を身につけましょう。

ニキビができる主な3つ原因

私たちがいつも「ニキビ」と呼んでいる症状にも正式な名前があります。

「ニキビ」=「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」

という皮膚の病気です。

顔や背中、胸などに良く赤いブツブツするように発症しますが、これは、毛包(毛の根元にある袋状の部分)や皮脂腺が炎症を起こしている状態です。

1過剰な皮脂の分泌
2毛穴の出口が角化してつまる
3ニキビ菌の繁殖

ニキビの経緯

皮脂とニキビ菌が毛穴にひそんでいる。

皮脂線から出る皮脂は通常毛穴の皮膚から出ます。

毛穴がつまり皮膚の外にでれない。その為、皮脂がつまりニキビ菌を増幅します。

増幅後、皮膚に炎症ができ赤く膨れ上がります。

炎症で、できた膜を破くとうみが出て炎症は広がる。

ニキビを潰したり、髪の毛が触れて刺激を送るとますます炎症は悪化します。

潰したニキビは治ったあとでも跡が残ってしまいクレーターとなる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました